自然から湧き上がるエネルギーをカタチにした、個性豊かな作品が森に展示されます。

 

Artist

作家


赤坂侑花

無邪気で楽しかった時代を作っています。

それはとても心地いい場所となってわたしを守ってくれます。

 

https://akayuka.wixsite.com/yuka-akasaka



外山亮介

光と時を意識しながら、写真の技術を使って作品制作をしています。

今回はテントカメラを使って、インスタレーション的なことしようと思っています。写真のように、外の光景がテントの中にひっくり返って映し出されます。時代の転換期、世界の見方を変えれるような体験を作れれば、と。写真も展示すると思いますが。

 

https://www.instagram.com/ryosuketoyama/



ゆくり

自由な発想で生み出される作品とたくさんの人々を繋げたいと、奈良県内の障害福祉施設のスタッフが集まりました。

今回は「身近なアートを持ち歩こう!」がテーマで、絵を描いた米袋をバッグにしました。



uun

自ら鞣した鹿革で何か面白い展開ができたらと思っています。

 

https://www.instagram.com/uun_logsee/



望月小夜加

例えば地球に生まれ落ちたそれぞれの一しずくのような私たちが、その落ちる前、大きな海のように一つのところからやってきたのかもしれない。

今、地球上で同じ時間をそれぞれに行きながら、海だった頃の記憶へと遡る旅をする写真作品、そしてインスタレーションです。

 

https://sayakamochizuki.tumblr.com



革工房Taku

京北で暮らしてから手に入るようになった鹿の革は獣害駆除で処分された生々しいほどの鹿の皮でした。

その他、日々のオーダー制作の際に出る端材と鹿の革を使ってのアート作品を展示します。どうぞご覧ください。

 

http://www.k-taku.com/

 


映像


小池篤史

滋賀県大津市を拠点として、映像や音楽を用いた活動を行っています。

この度上映する『node』は、京都府の左京区北部山間地域に位置する広河原という集落に住み込んで撮影したドキュエンタリー映画です。

この映画では、都市と農村、現在の暮らしと過去の思い出、人と自然、生と死といった、相異なる様々な要素が複雑に交錯します。グローバリゼーション、過疎、高齢化の波にさらされ、刻々変わりゆくこの集落の姿を映画という媒体で立体的に描き出す事を試みました。

 

https://atsushikoike.tumbler.com/

 

9月22日(日)全3回上映

第一回:(10:20 open)10:30ー12:00/あうる京北綜合ゼミナール室

第二回: 18:00ー19:30/原っぱ 森のアート展示

第三回: 19:40ー21:10/原っぱ 森のアート展示